PET CRUISE

犬・猫のペットフード、食事療法食、ケア用品などの販売・通販|PET CRUISE

商品カテゴリ

コンテンツ

コラム

メール会員登録

 

HOME»  猫がかかりやすい病気と対策方法

猫がかかりやすい病気と対策方法

猫がかかりやすい病気と対策方法

ペットを飼う人口は増加しています。特には室内で飼いやすく、近隣トラブルにつながりにくいため注目を集めているペットです。猫人気が高まる一方、飼い主さんに知っていただきたいのが、猫がかかりやすい病気と対策方法です。大切な愛猫のために、どんな病気があるか把握して対策を心がけましょう。

泌尿器系の病気

猫に多いのが、泌尿器系の病気(尿結石・尿石症・膀胱炎・尿道閉塞)です。猫は水を飲む量が少なく、尿が非常に濃いことから、尿に含まれる成分から結石や結晶ができやすい状態となります。肥満になると、尿結石など尿路疾患になりやすいので注意が必要です。

症状

血尿や頻尿。トイレに長時間いるが、尿が全く出ていない。

対策

猫が飲む水の量を増やし、日頃から色やにおい、排尿回数をチェックすることが大切です。中には、ミネラルウォーターを与える飼い主さんもいるかもしれませんが、マグネシウムを含むミネラルウォーターは、猫や犬が尿結石になる危険性が高く、悪影響を及ぼすことにもなりかねません。ミネラルウォーターを与えることは控え、日頃から水分をあまりとらない場合に関しては、ドライフードだけでなくウェットフードを取り入れることをおすすめします。

慢性腎不全

尿が濃いと、その分腎臓に負担がかかってきます。高齢になればなるほど負担は大きくなり、腎臓の機能が低下すると、慢性腎不全が起こりやすくなります。進行性が高い病気なので、腎臓に余分な負担をかけないよう配慮することが大切です。

症状

多飲や多尿。嘔吐。急に痩せたり、食欲不振になります。

対策

腎臓は、一度悪くすると元には戻りません。いかに病気の進行を遅らせるかが、大切な愛猫の命を救うことになります。栄養バランスの高い療法食などで食事ケアを心がけておきましょう。

糖尿病

猫の糖尿病は、糖を上手く体内に取り込めず尿として排出される病気で、インスリンの働きが悪くなるため起こります。糖尿病を発症すると、肝不全や腎不全などの合併症を招く危険性もあります。命に関わる病気なので、猫の症状に心当たりがある時は早めに動物病院を受診しましょう。

症状

多飲や多尿。体重減少。食欲不振。

対策

糖尿病予防に関する、一番の対策は肥満予防です。処方食や療法食でカロリー調整を行ったり、日頃から運動をさせて肥満には注意しましょう。

その他にも、ガンや心臓病、ネコ伝染性腹膜炎やネコエイズ、ネコ白血病などの病気が死因として挙げられます。大切な愛猫がいつまでも健康で長生きしてほしいと願うのは、飼い主皆様が感じていることです。
PET CRUISEでは、ヒルズの猫用療法食の通販を行っております。ヒルズ以外にも人気のプレミアムフードを取り扱っておりますので、愛猫用の療法食をお探しの方や栄養価の高いペットフードをお探しの方は、ぜひPET CRUISEをご利用ください。

有限会社 ペットの大杉/ 犬・猫のペットフード通販 概要

会社名 有限会社 ペットの大杉
所在地 〒980-0811 仙台市青葉区一番町4丁目5-19
電話番号 022-714-3828
メールアドレス info@pet-cruise.com
ショップ名 PET CRUISE (ペットクルーズ)
ショップ住所 981-1221 宮城県名取市田高字原509(ディスワン名取店内)
ショップ電話番号 022-383-3929
URL http://www.pet-cruise.com/
業務内容 犬・猫用のプレミアムフード、ペットフード、食事療法食、ケア用品などの通販。
説明 犬・猫用のプレミアムフード、ペットフード通販なら有限会社ペットの大杉が運営する『PET CRUISE (ペットクルーズ)』。動物病院でも使用される療法食や、人気のロイヤルカナンのペットフードなどを取り揃えております。