PET CRUISE

犬・猫のペットフード、食事療法食、ケア用品などの販売・通販|PET CRUISE

商品カテゴリ

コンテンツ

コラム

メール会員登録

 

HOME»  シニア犬の体の変化

シニア犬の体の変化

シニア犬の体の変化

動物病院での獣医療の進歩や良質なペットフードの増加により、犬の平均寿命は延びています。体格の違いによっても異なりますが、およそ7歳頃から老化の兆しが見え始めます。大切な愛犬が無理なく幸せな日々を過ごせるようにするためにも、老化によって起こる体の変化を早めにキャッチしましょう。

被毛や皮膚が変化する

犬も人間と同じように、加齢に伴い被毛や皮膚に変化が現れます。毛並みが悪くなった、被毛の色が薄くなった、白髪やフケが目立ち始めた、皮膚にハリがなくなったなど、様々な変化があります。皮膚にしこりが見られる場合には、皮膚病の可能性もありますので、動物病院を受診してください。

姿勢や体格が変わってくる

老化により姿勢や体格にも変化が現れます。背中が丸くなり、顔や尻尾が垂れ下がったりします。また、活動量が減ることで、全身の筋肉も落ちてゴツゴツと骨ばった印象になります。特に、腰まわりの筋肉は落ちやすいため、お尻が小さくなって後ろ足の幅が狭まり、足がもつれて歩きづらそうにします。

物によくぶつかる

物によくぶつかるのは、視力の低下が原因かもしれません。犬には老眼はないため、目の水晶体のタンパク質が白く濁る「白内障」が原因で視力が低下している可能性が高いです。散歩中だけでなく、家にいる時にもよく物にぶつかる、ボールを見失うことが多くなったといった時には、視力が低下していないか意識しておきましょう。

名前を呼んでも反応が鈍い

犬の老化で早期に衰えやすいのが、聴覚です。聴力が低下していると、名前を呼ばれても気付かない、飼い主が帰宅したことも分からない場合も多く、一日中寝ていることが多くなります。但し、寝ていることが多いといっても、それが全て老化によるものとは限りませんので、気になる場合は動物病院で診察を受けることをおすすめします。

体重が増減しやすい

老化により新陳代謝は低下していきますので、成長期や成犬期の頃と同じようなペットフードを与えていると、肥満になってしまう可能性があります。また、消化機能が衰えて食欲不振となり、痩せていく場合もあります。シニア犬の健康を維持するためにも、低カロリーで必要な栄養素が含まれたペットフードや療法食を与えるようにしましょう。

PET CRUISEでは、体に変化が現れ始めるシニア犬におすすめのペットフードや療法食をご提供しております。シニア犬だけでなく、子犬や成犬の健康維持のための栄養バランスを考慮したペットフードもご用意しておりますので、お気軽にご注文ください。

有限会社 ペットの大杉/ 犬・猫のペットフード通販 概要

会社名 有限会社 ペットの大杉
所在地 〒980-0811 仙台市青葉区一番町4丁目5-19
電話番号 022-714-3828
メールアドレス info@pet-cruise.com
ショップ名 PET CRUISE (ペットクルーズ)
ショップ住所 981-1221 宮城県名取市田高字原509(ディスワン名取店内)
ショップ電話番号 022-383-3929
URL http://www.pet-cruise.com/
業務内容 犬・猫用のプレミアムフード、ペットフード、食事療法食、ケア用品などの通販。
説明 犬・猫用のプレミアムフード、ペットフード通販なら有限会社ペットの大杉が運営する『PET CRUISE (ペットクルーズ)』。動物病院でも使用される療法食や、人気のロイヤルカナンのペットフードなどを取り揃えております。