PET CRUISE

犬・猫のペットフード、食事療法食、ケア用品などの販売・通販|PET CRUISE

商品カテゴリ

コンテンツ

コラム

メール会員登録

 

HOME»  猫の肥満とその原因

猫の肥満とその原因

猫の肥満とその原因

の肥満は、人間と同様に様々な病気を引き起こします。大切な家族の一員であるからこそ、猫の肥満は飼い主さんが見逃さないよう十分配慮しておきましょう。

肥満と判断される状態とは

猫の成長は1歳で止まるため、飼い猫の理想体重を把握するのでしたら1歳~1歳半の時の体重を記録しておきましょう。その時の体重から15%増えた状態になると、肥満体型だと判断することができます。
 

肥満と判断される状態とは

例えば適正体重が4kgの猫の場合、15%増えた体重は4.6kg超えということになります。私たち人間からすると、わずかな体重の違いですが、体の小さな猫にとっては大きな問題です。
 

他にも、肥満かどうかを判断する手法として、体を触ってチェックする方法があります。理想体型の猫であれば、触った時に肋骨や骨格が隆起しているのが分かり、上から見た時も腰のくびれが見て取れますが、肥満体型になると、分厚い皮下脂肪がつくため触っても肋骨に触れることができません。さらに、上から見るとお腹が丸く膨らんでいて、腰のくびれもなくなってきます。

肥満になる原因

食べすぎ

肥満になる一番の原因は、ペットフードやおやつの食べすぎです。欲しがるからと必要以上にフードを与え続けると、体内でエネルギーが余り脂肪へと変化します。おやつも適量を適切な回数与えることが大切です。

運動量が少ない

犬と違って、猫はなかなか散歩に連れ出す機会が少ないですが、それでは慢性的な運動不足になり、人間と同じく肥満になります。一度太ってしまうと運動がしんどくなるため、さらに動かなくなる悪循環に陥ることもあります。

老化

人間と同様、猫も年齢と共に基礎代謝が低下します。これまでと同じ量のペットフードでは少しずつエネルギーが余り、いつのまにか肥満体型になっていることがあります。

去勢・避妊手術

去勢や避妊手術によって体内のホルモンバランスが変わり、基礎代謝が低下することがあります。また、発情のストレスや徘徊しなくなることで運動不足になり、消費カロリーが減ることで太りやすくなります。

怪我・病気

関節炎などの怪我によって運動量が低下する場合や、稀ですが甲状腺機能低下症やクッシング症候群といった内分泌疾患にかかっている場合も、体重が増加することがあります。

愛するペットの健康を守るためには、肥満にならないようきちんと栄養管理を行うことが大切です。
PET CRUISEでは、ロイヤルカナンなど栄養バランスの整ったプレミアムフードや療法食通販を行っておりますので、ペットの健康を守るためにぜひご利用ください。ロイヤルカナンはペットの種類・体重・年齢・悩み別に様々な種類があるため、必要なタイプを選びやすくおすすめです。お得な定期購入もございますので、通販でドッグフード・キャットフードをお探しでしたらPET CRUISEをお役立てください。

有限会社 ペットの大杉/ 犬・猫のペットフード通販 概要

会社名 有限会社 ペットの大杉
所在地 〒980-0811 仙台市青葉区一番町4丁目5-19
電話番号 022-714-3828
メールアドレス info@pet-cruise.com
ショップ名 PET CRUISE (ペットクルーズ)
ショップ住所 981-1221 宮城県名取市田高字原509(ディスワン名取店内)
ショップ電話番号 022-383-3929
URL http://www.pet-cruise.com/
業務内容 犬・猫用のプレミアムフード、ペットフード、食事療法食、ケア用品などの通販。
説明 犬・猫用のプレミアムフード、ペットフード通販なら有限会社ペットの大杉が運営する『PET CRUISE (ペットクルーズ)』。動物病院でも使用される療法食や、人気のロイヤルカナンのペットフードなどを取り揃えております。