PET CRUISE

犬・猫のペットフード、食事療法食、ケア用品などの販売・通販|PET CRUISE

商品カテゴリ

コンテンツ

コラム

メール会員登録

 

HOME»  年齢で与えるペットフードが違うのはなぜ?

年齢で与えるペットフードが違うのはなぜ?

年齢で与えるペットフードが違うのはなぜ?

家族の一員である大切なペットと長く幸せな日々を過ごすためには、栄養の源であるペットフードにはこだわりましょう。また、ペットフードは一生同じものを与えるのではなく、年齢に合わせたものを選ぶことが大切です。なぜ年齢に合わせたペットフードが必要なのでしょうか?

年齢によって必要な栄養素が異なる

人間が年齢によって栄養バランスが変わるように、犬も年齢に合わせたペットフードを選ぶことが大切です。年齢を重ねると健康に必要な栄養素が不足しやすく、基礎代謝も落ちてしまいます。そのため、見た目では健康に見える愛犬も実は体調不良を起こしている可能性もあります。犬は体調の変化を上手く伝えることができません。愛犬の健康を保つためには、年齢やライフステージに合わせたペットフードを与え、日頃から健康状態に気を配ってあげることが大切です。

ライフステージに合わせた食事

成長期(幼犬~1歳頃まで)

生まれてから1歳頃までの子犬は、体のあらゆる部分が発達する準備期間のため、多くのエネルギーを摂取できる高栄養・高カロリーのペットフードを選ぶ必要があります。しかし、成長期だからと食事を与えすぎるのは良くありません。必要な量をしっかり守りながら、回数を分けて与えるのがおすすめです。特に、生まれたばかりの子犬は消化機能が発達していないため、3~4回程度に分けて食事を与えるようにすると良いです。

成犬期(1歳~7歳頃まで)

成犬期には、健康を維持するために一定の栄養素やカロリーが含まれたバランスの良いペットフードを選ぶようにしましょう。子犬の時のように高栄養・高カロリーのペットフードばかり与えていると、肥満になってしまう可能性があります。愛犬の健康を保つためにも、体重の急激な増加に気をつけながら栄養管理を行ってください。

高齢期(7歳以上)

犬の老化のスピードは体の大きさによって異なり、一般的には大型犬の方が早く高齢期に入ると言われています。大型犬の場合は7歳頃から、小型犬の場合は10歳頃からペットフードを高齢期用に変えていくのがおすすめです。シニア犬は活動量が減って代謝も落ちるため、カロリーを抑えながらも良質で高タンパクなペットフードを与えるようにしましょう。

年齢に合わせた良質なペットフードを通販でお求めの方は、PET CRUISEをご利用ください。
PET CRUISEでは、栄養バランスを考慮したペットフードや、動物病院治療として取り入れられる療法食をご用意しております。安心・安全なペットフードを通販でお気軽にご購入いただけますので、ぜひお問合せください。

有限会社 ペットの大杉/ 犬・猫のペットフード通販 概要

会社名 有限会社 ペットの大杉
所在地 〒980-0811 仙台市青葉区一番町4丁目5-19
電話番号 022-714-3828
メールアドレス info@pet-cruise.com
ショップ名 PET CRUISE (ペットクルーズ)
ショップ住所 981-1221 宮城県名取市田高字原509(ディスワン名取店内)
ショップ電話番号 022-383-3929
URL http://www.pet-cruise.com/
業務内容 犬・猫用のプレミアムフード、ペットフード、食事療法食、ケア用品などの通販。
説明 犬・猫用のプレミアムフード、ペットフード通販なら有限会社ペットの大杉が運営する『PET CRUISE (ペットクルーズ)』。動物病院でも使用される療法食や、人気のロイヤルカナンのペットフードなどを取り揃えております。